政界再編の予兆

麻生内閣の支持率が急落して
政権末期の様相を呈している
こういう支持率で麻生太郎は持ちこたえられるか?
否である、が、居座ることが予想される
なんと言っても国権の最高責任者だ
麻生太郎が解散しないと言えば
来秋まで現状維持となる
自民党が麻生を引きずり下ろせるか?
そういう状況になれば渡辺もと行革大臣が
なんらんかの行動をとって政界再編を引き起こす
可能性が大きい
どうして麻生は未曾有の不景気を実感できないのか
できるだけ早く経済対策をやらないといけないのに
なんの手も打たないのか?
国民に多大なる被害を与える馬鹿内閣に
終わりそうな予感である
2008年12月09日 posted by 風 at 05:28 | Comment(0) | 政治

麻生!解散だねえ

だんだんと内閣支持率が落ちるだろうとは思っていたが急落模様。さらになって欲しい総理大臣の名前で小沢一郎に随分負けてしまった。こうなっては解散しかないだろう。政局とかいいながら、経済対策のひとつも出せないでいる馬鹿総理。年末はそこにやってきているぞ!どうにかしないとさらに悪くなるのは見えているのに。空白を作らないと言っていたが、あなたがいること、一番の弊害というのをそろそろわからないとダメです。最近特に思います。総選挙をして決めましょう!
2008年12月08日 posted by 風 at 05:41 | Comment(0) | 政治

ENEOSとJOMO…経営統合へ

ENEOSとJOMOが
2009年10月をめどに経営統合することで同意したようだ
両社の統合で約3分の1というガソリン販売シェアを握ることになる
これをきっかけに業界再編は必至のようだ
不況が発端となった自動車離れが顕在化しつつあり
ガソリン需要が減少することのなるだろう
エネルギーのガソリン離れも視野に入れた再編が起こる可能性が出てきた
2008年12月04日 posted by 風 at 22:45 | Comment(0) | 経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。