政治の力

 私のような庶民が社会を批判しようとしても情報が少なすぎる。どうしようもないことだ。新聞やテレビ等のマスコミ報道と共に雰囲気で述べるしかない。庶民の感覚であるといってもいいだろう。

 原油問題はどう対処するのか?まったく伝わってこない。官僚は対応したくないのだろ。政治家は、自民党は官僚の顔色伺いなのだろうか。国民の方を向いていない。今のまま推移すれば消費は低迷し零細商店は悲惨な結果となるだろう。漁業関係者はまだいい。マスコミに対して窮状を訴えることができる。直接の原因が燃料高にあるからだ。ちょっとした郊外の飲食店は客数が減っているだろう。しかし、言っていくところがない。悲惨だ。
 道路特定財源確保のためにあれだけ苦労した政治家はなにもしない。政治家は国民の懐は知らん顔なのだ。そういえば、議員年金はその後どうなったのか?厚生年金、国民年金が問題になっているが、共済年金はどうするんだ。自分たちのものはしっかり守っている。あきれたものだ。

 書いていて、腹立たしいことばかり思い浮かんで内容がバラバラになってきた。

 国民のことを考える政治家、政党は出てこないものだろうか。どなたか手をあげてくれないだろうか。つくづく思う
2008年07月20日 posted by 風 at 21:04 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。