北京オリンピックに思う

オリンピックに賛成ですか?
と聞かれたらどう答えますか
恐らく大多数の方は「はい」と答えるでしょう
でも、本当に賛成なのでしょうか
反対できないから賛成している人もいるのではないでしょうか

小学校の運動会で徒競走がなくなっています
順位、優劣をつけることが教育に反するとからしいですが
オリンピックに代表するようにスポーツは優劣、順位を競います
小学校で徒競走がなくなっているのに
高校野球を筆頭に「一番」を決める大会がいっぱいあります

こんなに、お金をいっぱい使って一番を競う
美しいことでしょうか?
最初の敗者はどうなるのでしょうか
いえ、大多数は敗者なのです
こんなことを美談と扱っていいのでしょうか
類い希な才能だけに恵まれたお陰です

ふと、そんな事を考えてしまいました
2008年07月27日 posted by 風 at 22:31 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。