男性の“離婚遺伝子”発見

実にショックな記事を目にしたので紹介したい
事実なら、私自身持っているのかもしれない
----------------------
YOMIURI ONLINE より
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/
20080902-OYT1T00527.htm

男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍
 【ワシントン=増満浩志】男性の結婚生活の成否に影響を与える遺伝子が、スウェーデン・カロリンスカ研究所などの研究で見つかった。

 この遺伝子には様々な型があり、うち1種類を持つ男性は、結婚が危機にひんした経験のある人が多かった。この成果は、近く米科学アカデミー紀要に発表される。

 この遺伝子「AVPR1A」は、バソプレッシンというホルモンを脳内で受け止める物質をつくる。

 スウェーデンで成人約2000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上だった。女性は遺伝子型の影響がみられなかった。

(2008年9月2日14時26分 読売新聞)
------------------
妻に不満を持たれるのが原因らしい
ということは、妻側からの離婚請求となっているのだろうか
心当たりがあるので、そうかもしれない
こういうのは検査でわかるのだろうか?
結婚に向いてないとなんとなく思っているのは
本当だったのかもしれない
本当にショックで複雑なニュースだ
しかし、女性に遺伝子の影響はなかったのはなんでだろう
その事が気になる
妻に不満を持たれている可能性がある男性諸君
頑張って下さい
2008年09月03日 posted by 風 at 09:16 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。