政界再編の予兆

麻生内閣の支持率が急落して
政権末期の様相を呈している
こういう支持率で麻生太郎は持ちこたえられるか?
否である、が、居座ることが予想される
なんと言っても国権の最高責任者だ
麻生太郎が解散しないと言えば
来秋まで現状維持となる
自民党が麻生を引きずり下ろせるか?
そういう状況になれば渡辺もと行革大臣が
なんらんかの行動をとって政界再編を引き起こす
可能性が大きい
どうして麻生は未曾有の不景気を実感できないのか
できるだけ早く経済対策をやらないといけないのに
なんの手も打たないのか?
国民に多大なる被害を与える馬鹿内閣に
終わりそうな予感である
2008年12月09日 posted by 風 at 05:28 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。