小沢代表の進退

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090510-00000053-mai-pol

 民主党の菅直人代表代行は10日、テレビ朝日の報道番組に出演し、小沢一郎代表の進退問題について衆院選前1カ月半が決断のタイムリミットになるとの認識を示した。菅氏は、04年に自身が代表を辞任したタイミングが参院選の約1カ月半前だったことに触れ「チームとして民主党がまとまっていれば、小沢代表で行くなら行く、変わるなら変わるというときに、最短それくらいの期間があれば大丈夫」と述べた。
------------------------------
献金問題で窮地に立たされている民主党・小沢代表。潔くやめるのがすじです。法律的にはどうであれ、一般人から見てたくさんの献金を受け取っていたけじめをつけるべきだ。政権担当小沢代表でなければできないのか?そうではないと思うなあ。有権者をみてしっかり決断して欲しい。金のかからない政治。もしもいくらかの金銭が必要であったとしてもすべてを公開できる政治をして欲しいと思う。
2009年05月10日 posted by 風 at 21:53 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。