民・社・国の3党首、連立政権合意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000620-san-pol 民主、社民、国民新3党は9日、国会内で党首会談を開き、連立政権を樹立することで正式合意し、合意文書に調印した。民主党の鳩山由紀夫代表を16日の特別国会で首相に指名し、連立内閣を発足させる。  合意を受け、鳩山氏は会談の席上、社・国両党に党首クラスの入閣を要請。国民新党の亀井静香代表は会談後、鳩山氏に電話で「どういう立場で働くかはお任せする」と伝え、自身の入閣を受諾した。社民党の福島瑞穂党首も入閣の見通しだ。鳩山氏は内定していない閣僚の人選を急ぎ、週内にも陣容を固める方向で作業を加速させる。 -------------------------------- 衆議院選挙で民主党が大勝して10日、ようやく連立政権協議で合意した。新しい政治の波が起きますようにと願う。 では、民主党、社民党、国民新党の連立政権は維持できるのか。実に面白く見ることができる。いつまで持つのかなあという傍観者として見てみよう。一国民として実感できる政治を見守ろう。そんな思いだ。
2009年09月10日 posted by 風 at 07:59 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。