休眠口座の行方

10年以上出し入れしていない預金口座はいくつかある 理由はそれぞれあるだろう 私の場合は元妻や子供名義の口座がそうだ 印鑑が見当たらないので処理ができない 離婚にともなって妻と子供の姓が変わっている 印鑑変更の本人確認ができないのだ 自分が悪いのだから仕方がない 10年間出し入れがなければ銀行の帰属する これも仕方がないだろう でも、これを国が盗ろうとしている 忘れたものとはいえ、国民の懐に手を突っ込んで お金を盗ろうとしているように感じるのは 貧乏人のひがみかもしれない でも、行政や議員、公務員が節約しているか? まずは今ある資金を使うことから考えないといけない 家計だと子供の貯金箱にまで借金の返済にあてるのだ 将来の為の貯えなんておくひつようもない 本当に足りなくなってから増税すればいいのだ すべて手を打ったとは思えない ほとんど手つかずでいきなり国民の懐に手を突っ込むのはやめて欲しい
2012年03月22日 posted by 風 at 08:45 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。