警視庁巡査部長を現行犯逮捕、酒気帯び運転で人身事故

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000580-yom-soci

 千葉県警流山署は24日、警視庁万世橋署生活安全課巡査部長、黒井道麿容疑者(42)(流山市鰭ヶ崎)を自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、黒井容疑者は24日午後0時20分頃、酒気を帯びた状態で乗用車を運転。同市西平井の市道交差点を右折しようとした際、右から車が来たためバックしたところ、後続の軽乗用車に衝突し、運転していた松戸市の会社員男性(37)の首などに軽傷を負わせた疑い。黒井容疑者が自ら110番し、駆け付けた流山署員に取り押さえられた。

 調べに対し、黒井容疑者は「23日の晩に自宅で酎ハイを何杯か飲んだ」などと供述しているといい、呼気1リットル中0・4ミリ・グラムのアルコールが検出された。事故当時、黒井容疑者は非番だった。
------------------------------
 最低、最悪の犯行がまた行われたという気がする。持論ではあるが、飲酒運転は確信犯だ。計画的犯罪と同等のものだと思われる。また、警察官は担当部署が違えども交通犯罪防止の指導的立場の人間だ。魔が差したとかのいい訳すら意味がない。飲酒運転防止は自覚することが大事。当然の処置として、即時懲戒解雇。そして重大犯罪として裁かれるのが当然である。
 6月から、飲酒運転厳罰化が強化される。酒気帯び運転、飲酒運転共に軽微であろうが法令違反した場合、指名の公表をしてはどうかと思う。確信犯なのでプライバシーもなにもないだろう。
 飲酒運転ははずみとか、うっかりとかいう違反ではない。本人が飲酒して運転した事実のみ。より厳罰化を望む
2009年05月24日 posted by 風 at 23:07 | Comment(0) | 飲酒運転

鈍化する飲酒運転の減少傾向

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000665-yom-soci

 福岡市で2006年8月に起きた3児死亡飲酒運転追突事故から2年9か月──発生直後、全国で撲滅の機運が高まり、取り締まり強化も相まって、飲酒運転は一時激減した。

 しかし、飲酒事故そのものは、依然なくなることはなく、減少傾向も鈍化している。「絶対に許さない」との意識を風化させないため、各地で地道な取り組みが続けられている。

 警察庁によると、07年に全国で起きた飲酒運転による事故は7558件。前年に比べ35%減ったが、08年は6219件と前年比17・7%減にとどまった。
------------------------------
 今日、福岡で2006年8月に起きた3児死亡飲酒運転追突事故の控訴審判決がでた。職場を懲戒解雇になったので最高刑25年から20年になったらしい。飲酒運転は個人の意志で100%なくせるものです。飲酒運転は故意と判断していいはず。いかなる情状の余地があろうとも極刑が妥当だと思う。
 時々、近所の焼鳥屋に飲みに出掛けることがある。一人で車の運転をしてやってくるお客さんがいます。そして、うまそうに生ビールを飲む。小一時間で帰って行く。ごく当たり前のように飲酒運転をしている。こんな現状をなんとかしないといけない。その焼鳥屋の経営者は飲酒運転が厳しくなったので景気が悪くなったとも言う。こんな現状だ。飲酒運転は故意犯で厳罰になるということを周知させる方法をけんとうしないといけない。いいか悪いかは別にして、飲酒運転が明らかなら車に運転をやめさせるような働きかけを警察でしていただきたい。願いである。日常生活で密告めいたことを警察に通報はできない。
2009年05月15日 posted by 風 at 16:34 | Comment(0) | 飲酒運転

副署長が酒気帯び運転

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000030-jij-soci

愛知県警は5日、酒を飲んで車を運転したとして、県警守山署の小川直哉副署長(54)=警視=を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で検挙したと発表した。県警によると、小川副署長は容疑を認め、「副署長の私がこんなことをして本当に申し訳ない」と話しているという。県警は近く処分を決める。
 県警によると、小川副署長は4日午後6時半から5日午前零時ごろの間、同署から約200メートル離れた名古屋市守山区内の飲食店で知人数人と飲酒。一度官舎に戻ったが、夜食を取るため、同日午前1時40分ごろ、署の駐車場に止めてあった自分の車で外出した。
 同2時ごろ、車で署に戻ってきた際、駐車場にいた署員が酒のにおいがすることに気付き、署内で副署長の呼気検査をしたところ、基準値を超える1リットル当たり約0.25ミリグラムのアルコールを検知した。運転中、事故などは起こしていなかった。
 副署長は4日、事件捜査のため署に車で出勤していた。「焼酎の水割り3杯とビール瓶1本、ジョッキ1杯程度を飲んだ。なぜ、酒を飲んで車で外出したか分からない」と話しているという。
 小川副署長は1978年採用。県警豊田署の交通課長や県警交通総務課など通算8年以上の交通部門での勤務経験があり、飲酒運転の取り締まりに当たっていたこともあった。
 加藤僚県警首席監察官の話 飲酒運転の絶無を期している中、副署長が飲酒運転をしたことは誠に申し訳ない。事実に基づき厳正に対処する。
--------------------------------
ひどい話です。飲酒運転が確信犯だと何度も叫んでいる警察が、その副所長が飲酒運転をし警察署内で検挙される。なぜ酒を飲んで運転したかわからないと言っているらしいが、懲戒免職でしょう。なんら情状の余地なしです。そんな方が警察副所長なんてお笑いです。こんな人間を登用したことも問題です。状況を考えると飲酒運転常習者という疑いすらある。取り締まる前にまっとうな人間でありたい。

飲酒運転は100%防げます。昔から言われている通りです
飲むなら乗るな、乗るなら飲むな!
自信が気をつけるだけなんです。昨日まで飲酒運手をしていた方、たった今からやめましょう。今なら間に合います。
2009年05月06日 posted by 風 at 09:13 | Comment(0) | 飲酒運転

銭湯帰りに飲酒運転で信号無視

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000521-san-l11

酒に酔って運転して信号を無視したとして、埼玉県警川越署は、道交法違反(酒気帯び運転と信号無視)の現行犯で、狭山市笹井、会社員、二神淳容疑者(39)を逮捕した。

 同署の調べでは、二神容疑者は4日午後10時25分ごろ、川越市南台の市道で、酒に酔って乗用車を運転し、信号無視をした疑いが持たれている。

同越署によると、パトカーで警戒中の署員が信号無視をした二神容疑者を見つけた。署員が飲酒検知したところ、呼気1リットルあたり0・15ミリグラムのアルコールが検出された。「日帰り銭湯で飲酒して狭山市内の知り合いの家に向かう途中だった」と供述しているという。
------------------------------
どうしてでしょうか?飲酒運転の不思議です。飲酒後、車の運転をする人は、ちょっとそこまでとかここは検問がないからとかといい訳をつけて運転をします。確かに数年前まで自分も飲酒運転をした経験があります。今考えれば非常に危険です。生きているのが不思議かもしれません。飲酒運転をすると、検挙とかではなく事故を起こす可能性が数倍になるということを自覚して欲しいと思います。自分は酒が強いので例外とかは余計に危険です。飲酒はほんの少しでも酔います。酒に強いというのは反対で、余計に危ないのです。運転時の動作が遅くなる程度ではないくらいです。もしも、この記事を読んでくれた人で飲酒運転を繰り返している方。今なら間に合います。事故を起こす前にやめてください。事故は人を傷つけます。人を殺します。それも、確信犯です。
2009年05月05日 posted by 風 at 21:51 | Comment(0) | 飲酒運転
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。